導入事例・お客さまの声

おいしさと健康志向の両立を目指して 株式会社 マイセンファインフード 様 (福井県鯖江市)

「火星人CN580」 「セットパンナー」 「レベントラックオーブン」 ご活用事例 

株式会社 マイセンファインフード 様 (福井県鯖江市)

めがねのまちとして知られる福井県鯖江市。
その西部に広がるのどかな田園地帯に、玄米を主原料とした加工食品の製造・販売を行う「株式会社マイセンファインフード」様がある。
マイセンファインフード様の本社工場外観。 工場はISO22000の認証を取得している。マイセンファインフード様の本社工場外観。 工場はISO22000の認証を取得している。
大豆とアーモンド以外のアレルギー特定原材料を一切使用しない国内有数の工場で生産されるのは、グルテンフリー・アレルゲンフリーの健康志向食品の数々。
なかでも2カ月の日持ちとレンジ加熱でふんわりもちもちの食感になる「おいしい玄米丸パン」は、アレルギー体質の有無を問わずおいしく食べられるパンとして、注目を集めている。
そんな話題の商品の生産に、弊社の機械をご活用いただいていると聞き、早速取材にうかがった。

 
玄米の魅力を広めたい
マイセンファインフード様は、福井県内初の農業生産法人である「株式会社マイセン」様の子会社として、2014年に創業。
そして昨年2019年に「亀田製菓株式会社」様のグループ会社となった。
通信販売と卸、受託製造を中心に順調に売り上げを伸ばされている同社。
そのこだわりや戦略について代表取締役社長の村井龍昭様にお聞きした。
 
「玄米は栄養素が高く、低GIな完全健康食です。
そんな玄米の魅力に着目した創業者が、豊富な栄養素をより手軽な形で楽しめるようにと、パンやお菓子を開発しました。国産玄米粉を100%使用しておりますので、完全グルテンフリーです」
と村井社長は、取材中に玄米パンの試食を勧めてくださった。
 
※Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、食後血糖値の上昇度を示す指標のこと。
 
もちっとした食感とともに口に広がるやさしい甘味。
「グルテンフリー商品とは思えない食感でしょう。うちの商品は、レンジで加熱することで、もちもちの食感になるんですよ。
デンプン質のものは老化が早いので、いかにロングライフでおいしい商品をつくるかそこが開発で一番苦労したポイントです。
品質を保つため、配合の組み合わせや、比率を工夫しました」。
 

 
さらに驚くべきことに、同社の商品は、卵と乳製品も一切使用していない。
「アレルギー体質の方でも安全においしく食べられると、感謝のお便りをたくさんいただきます」と村井社長。
その品質の高さとおいしさは瞬く間に評判となり、生協や全国の大手スーパーマーケット約700店舗でも販売されるように。着々と販路を拡大している。
 
「アレルギー特定原材料等27品目の持ち込みが禁止で、コンタミなしの専用工場は全国的にも珍しいので、ありがたいことにOEMの引き合いも増えています」。
 
レオン機で品質と生産効率アップ
同社の工場では、2015年にご導入いただいた火星人「CN580」と「レベントラックオーブン」、そしてその翌年にご導入いただいた「セットパンナー」が活躍している。

 
「火星人は、毎日4~6時間ほど稼働して日替わりで6種類の商品を生産しています。
生産ウエイトはパンが9割。うちのパン生地は、骨格となるグルテンが入っていないため、まとまりにくくブツッと切れる、どちらかというとお菓子に近い物性をしています。
なので、お菓子の生産に特化した火星人との相性が最高なんですよ。
こんなにベタつく生地をきれいに定量分割できるのは、この機械くらいじゃないでしょうか。
通常の製パン機ではとてもつくれなかったと聞いています」
と話すのは製造部・部長の平塚貴政様。
 
機械の使い心地についてこう続けた。
「また、製品が非常にやわらかいので『セットパンナー』も必要不可欠です。
人手で触れないので衛生的ですし、なにより製品どりの指の跡がつかないので形状もきれいです。
人員も導入前と比べて2人省人化できました。
今秋から新商品が増えるので、レオンさんの機械には、もっと活躍してもらいますよ」
おいしく食べて健康に
最後に今後の展望について、村井社長にお聞きした。
 
「日本の食物アレルギー患者数は、食の多様化とともに年々増加傾向にあり、その潜在需要は5%を超えると言われています。
そんなアレルギーでお困りの方の受け皿になるのはもちろん、健康な方にも、おいしくてカラダにやさしいものを選び、食べることを楽しんでいただきたい。
これをグループ会社全体の目標に掲げ、人口減少や高齢化の影響で苦境を迎えるであろう国内市場に対応していく所存です。
また、グルテンフリーの本場は海外ですので、亀田製菓グループのグローバルなネットワークを活用して、市場を世界に広げていきたいですね」。
 
さらに同社では、健康志向や環境保護の観点から、世界的に注目を集めている代替肉にもいち早く着目し、大豆と玄米を主原料とした『ベジミート』を開発。
たんぱく質の摂り方が多様化されはじめた今、国と共に研究会を行い、その販売推進により力を入れてく方針だ。
 
おいしさと健康の両立を図り、日々ご尽力されるマイセンファインフード様。食を通して人々の健康に寄り添い、さらなる飛躍を遂げていく。
 
表示価格はすべて税込み 
 
つつむ No.163号 (2020年10月号)掲載
※文章内の表現・表記は、すべて取材当時のものです。  
(C) 2014 RHEON Automatic Machinery co.,ltd.